スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



介護保険 住宅改修1

2011/04/22 18:59
介護保険を使った住宅改修工事です。


市町村単位での申請になりますが、今後高齢化社会になるにつれて必要な工事です。


主な工事として、

1、段差解消
 
2、手すり設置

3、和便器から洋便器への変更

4、開戸から引戸等への変更

5、滑り防止のための床材変更



などです。その他にも認定対象工事がいろいろあります。

体の状態や介護認定レベルに応じて、工事内容を決定します。

P1020776_convert_20110422175628.jpg
                 廊下 手すり設置


P1020775_convert_20110422175537.jpg
            段差の解消 及び 滑り防止の床材変更

P1020765_convert_20110422175304.jpg
            段差解消材の木製スロープ材 設置例


最近の新築住宅は、バリアフリー設計ですが、従来のお家は、建具のところに

必ず敷居と呼ばれる枠材が床のところに入っています。

この微妙な2センチから4センチの段差が一番危険です。





在来工法のタイルを貼った浴室の浴槽は、深さがあります。

浴槽の出入りに使える手すりがあるとかなり安全度が増します。

P1020762_convert_20110422175347.jpg


入り口にも。
P1020763_convert_20110422175440.jpg


ちょっとのことで、生活動線の安全確保と利便性が増します。

気になった人は、一度ご実家などのお家をじっくり眺めて見てください。



介護保険等の詳しいことは、各地方自治体のホームページで。

介護保険課などのページにいくと詳しい内容が載ってます






スポンサーサイト



← 住宅用火災警報器 | ホーム | 美作→津山 →



Comment Post


名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
非公開コメント:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。